So-net無料ブログ作成

亀梨版『妖怪人間ベム』が映画化 [映画]

亀梨版『妖怪人間ベム』が映画化 杏&福くん続投で12月公開

昨年10月より日本テレビ系で放送された、

KAT-TUN・亀梨和也主演ドラマ『妖怪人間ベム』が
映画化されることが13日、わかった。

人気アニメのドラマ化決定当時は大きな波紋を呼んだが、
いざ放送が始まるや平均視聴率15.6%(最高視聴率18.9%)と高い支持を獲得。

亀梨にとって主演ドラマの映画化はこれが初めて。
12月15日の全国公開に向け“亀梨ベム”は「はやく、
妖怪人間になりた~い!」とベラ(杏)、ベロ(鈴木福)との
再タッグに心を躍らせる。

1968年にTVアニメの放送がスタートし、
子供から大人まで幅広い層の心を釘付けにして
日本中にブームを巻き起こした同作。

アニメのキャラクターと世界観を受け継ぎながらも、
現代版としてオリジナル作品ともいえる新たな“亀梨版・妖怪人間”を誕生させ、
ティーン層の平均視聴率は18.9%、チャイルド層の平均視聴率は30.1%と、
原作を知らない若年層から特に高い関心が寄せられた。

約1年ぶりに妖怪人間として姿を現すことになる亀梨は
「自分自身も今、彼らがどこでどのように存在しているのか、
すごく気になっていたので楽しみです」と彼らの“今”に興味津々。

杏は「さらに迫力あるベラを演じたい」と意気込み、
福くんも「僕はアクションが大好きなので、
何かアクションシーンがあったらいいなぁと思います」と、
クランクインを心待ちにしている。

醜さゆえに理由もなく人間から迫害され、
それでも人間になりたいと渇望してきた妖怪人間ベム、
ベラ、ベロ。劇場版ではあての無い放浪の旅を続ける3人が復活し、
これまで出会ったことの無い、強力なパワーを持つ妖怪も登場、
さらにアクションもバトルシーンも激しさを増しているという。

スタッフはドラマ版と同じく脚本・西田征史氏、
監督・狩山俊輔氏が手掛ける。

※視聴率は「ビデオリサーチ調べ 関東地区」
オリコン 6月14日(木)6時0分配信


..