So-net無料ブログ作成

相棒 season15 水谷豊 第16話 反町隆史 鈴木杏樹 榎木孝明 石坂浩二 川原和久 山中崇史 野間口徹 松尾諭 [ドラマ]

相棒season15テレビ朝日系

水谷豊が天才警部に扮する人気シリーズ。反町隆史演じる相棒・亘が警視庁に!

放送日2017年2月22日
毎週水曜 21:00~21:54

第16話・『ギフト』 

相棒16.GIF

伊丹が一年前に逮捕した快楽殺人犯、再び!!
特命係も因縁深いシリアルキラーの狙いとは!?

計6人の女性を殺害し、顔を切り刻むことに
執着した快楽殺人犯・北一幸(野間口徹)が、
治療中の病院から逃走した。

裁判中だった北は、末期がんの治療のために
いったん入院していたのだが、見張りの刑事を
殺害して姿を消したという。

犯行は病院のシステムがダウンした
十数分のうちに起きており、
計画的なものと考えられるため、
共犯者がいる可能性が高かった。

捜査に乗り出した伊丹(川原和久)は、
図ったようなタイミングで
北の弁護士・連城(松尾諭)から連絡を受け、
北から伊丹宛に送られてきたという
スマホを渡される。

その途端、着信があり、北は犯行の
再開を予告するような言葉を発した。

どうやら北は、自分を逮捕し取り調べを
担当した伊丹に、何かしらの思い入れが
あるらしい。

捜査本部は、かつて北が殺害対象者として
リストアップしていた女性67人の
安否確認を急ぐ。

その矢先、伊丹宛に巨大な冷蔵庫が届く。

中には、有村みなみ(片山萌美)という
リストに載っていた女性の遺体が
入れられていた。

いっぽう、右京(水谷豊)と
亘(反町隆史)は、
上層部からにらまれながらも
独自の捜査を開始。

一年前の事件では、特命係によって、
北が自分と“同じ臭い”がする殺人犯に
シンパシーを覚え、身代わりになろうと
したという事件の真相が解明された。

右京と亘の脳裏には、
“誰かのために罪を犯すことに
喜びを覚える”という、
北の不可解な思考が蘇っていた。

その考え方を踏襲しているのであれば、
今回の犯行も共犯者のために
行っているのではないか? 

2人は手掛かりを探すため、被害者であるみなみや、
担当弁護士の連城、さらには病院で
殺害された刑事の相棒の周辺を調べ始める。

連続殺人犯を助ける共犯者はいったい誰なのか?
伊丹に執着する犯人の意図とは…!?

日本を震撼させた猟奇殺人の悪夢が再び幕を開ける!

ゲスト:野間口徹 松尾諭

 


 .


キャスト

水谷豊/杉下右京 役
警視庁特命係の警部。
優れた洞察力と記憶力による
名推理で事件の謎を解明する。
かつては刑事部捜査二課の刑事として
数多くの事件を解決していたが、
重箱の隅をつつくような捜査で
上層部が公にしたくない事件の
犯人まで追い詰めてしまい、
特命係という閑職に追いやられた。

反町隆史/冠城亘 役
法務省キャリア官僚で警視庁に
出向していたが、正式に警視庁所属に。
頭脳明晰だが、ひょうひょうと
していてつかみどころがない。

鈴木杏樹/月本幸子 役
小料理屋「花の里」の女将。
過去に交際していたヤクザの男を
拳銃で撃ち、右京に逮捕された。
出所後、右京の薦めで女将に。
右京のことを信頼している。

榎木孝明/日下部彌彦 役
法務省のキャリア官僚。
前の事務次官が急死したため、
急きょつなぎとして法務事務次官に
起用された。
検事の資格がないため、波風も覚悟の上で、
自らの信念に従って行動を取る。
元部下の亘にも目を掛けている。

石坂浩二/甲斐峯秋 役
警察庁長官官房付。
右京の捜査手腕を認めており友好的だが、
警察組織の利益のためならどんな
手段でも使う冷徹な一面がある。

仲間由紀恵/社美彌子 役
警視庁広報課長。
警察庁のキャリア官僚として
内閣情報調査室に出向していたが、
当時の室長が逮捕された事件を受けて、
今度は警視庁への出向という形で
広報課長に就任した。
アメリカに亡命したロシア人スパイと
深い関係があるとみられ、公安調査庁から
も極秘裏にマークされている。
私生活では一人娘を持つシングルマザー。

川原和久/伊丹憲一 役
警視庁捜査一課の刑事。巡査部長。
自分たちの持ち場を荒らす特命係を
疎ましく思いながらも、
自身の正義感から協力することもあった。

山中崇史/芹沢慶二 役
警視庁捜査一課の刑事。巡査部長。
伊丹と行動を共にしているが、
特命係に反感を抱いていない。
事件の情報をうっかり特命係に
漏らしてしまい、
伊丹に怒られたこともしばしばある。

山西惇/角田六郎 役
警視庁組織犯罪対策第五課長。警視。
特命係を気に入っていたため、
係にやってきてはコーヒーを飲み雑談をしていた。

概 要


警視庁の窓際部署「特命係」に所属する
天才警部・杉下右京(水谷豊)が、
相棒と共に難事件に挑む
人気刑事ドラマシリーズの第15弾。
前作では、反町隆史扮する法務省の
キャリア官僚・冠城亘がシリーズ史上初の
警察官ではない相棒となり、明晰な頭脳と
コミカルな一面を披露して右京と新鮮な
コンビネーションを生み出した。
右京&亘コンビで迎える2シーズン目からは、
所属を改めた亘が新たな立場で特命係に
戻ってくる。
亘は右京の真の相棒となれるのか、
視聴者の予測を超えた展開が期待される。

ストーリー 

人を呪い殺したという女性が警視庁に
出頭してくる。

殺害したという相手は、3日前に確かに
用水路で溺死を遂げていたが、
現場検証の結果、事故死と断定されていた。

女性は自分を罰してほしいと真剣に訴えるが、
現行法では彼女を逮捕することも
罰を与えることもできない。

この奇妙な訴えに興味を抱いた
杉下右京(水谷豊)は、警察学校での
研修を終えた冠城亘(反町隆史)と共に
捜査に乗りだす。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。